お手入れ楽しむniwaから素敵なoutdoor living gardenへ。

ご相談のポイント

今回のお客様は長年店舗ご近所にお住いのW様。
お庭リフォーム工事のご相談を頂きました。

  1. 自分にぴったりの新しいお庭の活用方法を提案してほしい。
  2. お庭管理を軽減してほしい。
  3. 除け・雨よけがほしい。
  4. 道路からアクセスできるお庭用の出入口がほしい。
  5. お洒落に見えるライティングを考えてほしい。

以前より奥様が植物を育てることが大好きで、これまで多種多様な植物をお庭に配植し一年中お手入れしながら楽しまれていました。
しかし年齢を重ねるにつれて、お庭のお手入れが大変になってきたことから、この度、「お手入れ楽しむお庭」から管理作業を軽減できる「空間を楽しむお庭」にリフォームすることとなりました。

既に大木となった、ヤマボウシやマキノキ。お好きな鉢植えのお花など大切に育てられていました。

コンセプト


『お手入れ楽しむniから素敵なoutdoor living gardenへ・・sotoのお部屋がある邸宅』

今回は室内と屋外空間が一体となるアウトドアリビングのご提案しました。
雨の日もリビング前のみどりいっぱいの花壇が眺められる構成にリフォーム。

緑がいっぱいにもかかわらず、腰をかがめる作業などのない管理が楽なお庭への大変身。
道路からのアクセスがあるため、土などの重量物の搬入も楽々。
家の中からも楽しめる、植物たちはしっかり外からの目隠しにもなります。

また足元が芝生や土だった既存スペースも近隣にお住いのお孫さんやお子さんが気軽に来て頂けるよう、テーブルセットなどが設置できる石畳のテラスもご提案しました。
それにより腰に負担のかかる草抜きなどの管理も軽減することができました。
また大好きな植物も常に目線に入るよう花壇高さをUPしたことで、お庭をより近くに、そして管理もしやすいようデザインしました。

夏の日差しやご近所からの視線も完全シャットアウトしてくれるオーニングは必要不可欠です。

まだまだ、植物の量がありますが、奥様の植物に対する想いとgokan-plusのご近所様なので、管理のご相談もすぐに頂けることができるので、この条件に植物豊富なデザインとさせていただきました。

まるでパリのレストランのテラスでのディナースペースのような雰囲気のある夜のお庭。

現在は、お手入れ軽減のお庭が増える中、植物を生活空間の要にして下さるW様邸。
豊かな五感を活かされ存分にみどりを楽しまれており、これからも街並みにこのようなお宅がたくさん増えることを私共としても大いに期待し、ご提案をさせていただきたいものです。