外構にゆとりを持たせたことで、贅沢なプロポーションの邸宅になりました。

 新しい邸宅は、こだわり演出されたお家が建ち並ぶ住宅地内にあり、広く取られた玄関スペースが目に飛び込んでくるダイナミックな建物でした。プロポーションそのものに「ゆとり」を感じさせる、どっしりとした大人の風格がありました。
 この建物ににふさわしい外構を望まれるI様のご要望は、「他にはないゆとりある空間演出をしていただきたい・・」というものでした。

コンセプトは、贅沢すぎる『ゆとり』を持たせることでの新しい発見。

 そこで敷地高低差を利用し、アプローチ入口部にて階段ステップをダイナミックな広がりにて演出を図りました。
 また、クローズを演出するデザインウォールは、シンプルに横スリットを全面に広げ駐車スペースとアプローチ空間が途切れないようデザインしました。

階段と門構え
道路から5mほど引いたところにある門構え
玄関前の樹木と外構
間口のほぼ中央にのびのびと育つ樹木

 その他、使用する素材・カラーは、極力シンプルな構成とし、素材がぶつかり合わないよう配置に注意し構成しました。

ライトアップされた外構
室内のあかりと外構のあかりが呼応する夜の風景

 夜になると、間接照明にて敷地全体を美しく演出するI様邸は、ご近所でも評判のお家空間となっています。