屋外をセカンドリビングにする。~ライティングを取り入れる~

ライティング効果

忙しい日常の中で、お庭でゆっくりくつろげる時間は限られます。
特に平日は、室内で過ごされることも多くなります。綺麗なお庭を創れば眺めるだけでも癒されますね。
でも、暗くなると部屋の中が外から見えやすくなるために、早めにカーテンを引いてしまったり、シャッターを下ろしてしまわれる事も多くなっていませんか。

お部屋に灯りを点けるように、お庭にも灯りを点けて夜の庭を楽しみましょう。
ちょっとしたライティングテクニックで、新たなアウトドアリビングが生まれます。

ブラケット照明の演出

リビングと同様にデザインウォールにブラケット照明を配置する。

リビングに面した庭のデザインウォールにブラケット照明をつけると、アウトドアリビングの全貌がリビングから眺めることができます。
夜ならではの奥行きが生まれ、リビング感が一層引き立ちます。
その際、室内の明るさを抑えてあげると、室内空間が窓に映りこむことが少なくなります。

リビングから遠い位置にある、強い光は庭の奥行き感を演出します。

また、リビングから遠い位置のブラケット照明は、高さが得られるので庭を広く見せ、またその陰影を浮かび上がらせます。

幻想的な効果があるアッパーライト

樹木の足元からのスポットライトで樹形を浮かび上がらせる。

エクステリアでは、おなじみの樹木の根元からのアッパーライトは、インナーガーデンならではの効果も期待できます。
室内の延長の空間に、その陰影を壁に映されることで緑の存在感が強められ、いっそう幻想的な空間として感じられるでしょう。

また、同時に壁が照らされことで大きな明るさが生まれ、庭に自然といざなわれる事になります。お気に入りの椅子を是非置いて頂き、ゆっくり月でも眺めれば最高の夜となります。

夜のバラはいっそう美しいと感じられます。

昼間に太陽光の下で太陽に向かって咲くバラも美しいのですが、夜、アッパーライトで照らしだされた花々は、バラの一枚一枚の花弁がくっきりと浮かび上がり、まさしく幻想的な美しさです。

間接照明の穏やかな明るさ

花壇の天端裏に取り付けられたバータイプの照明

花壇の中の照明は、壁を照らし、花壇の天端下の間接照明は花壇の立上りと床デッキを照らしています。この3段のライティングで、決して広いとは言えないデッキの奥行きを演出しています。
後ろの壁に照らされた、樹木の影が夜の静寂を表現しているかのようです。

2枚目の写真の壁は裏からの間接照明の効果で、お庭全体がやさしく明るくなっています。間接照明は光源が見えないだけに、ほんわり全体を包んでくれます。

デッキの床の埋込照明もアプローチに設ける埋込照明と同様に、優しい明るさをもたらしてくれます。水面に浮かぶあかりのような静かな演出といえます。

自然光のような上からのライティング

頭上からの光による見え方は、自然で植物の緑も綺麗に見せてくれます。
灌木や植栽などは、上からの光が適しています。
明るさにもよりますが、昼間のような安心感を得ることができます。
勿論、大勢でのバーベキューパーティなどでは、大活躍します。パーゴラの柱や建物の外壁に一カ所、付ける場所を熟考の上、設けられることをお勧めします。

広い面積をカバーして明るさが得られるガーランドライト

より広い場所で、楽しさも演出してくれるのが、ガーランドライトです。
キュートな丸い照明器具が連らなり、昼間もアクセサリーとして素敵な照明器具になります。

一つは置いておきたいランタン

最後に、忘れてはならないのがランタンです。
灯りが灯らなくても、置くだけで存在感があるものを選びましょう。
明るさが少ないひっそりとしたスペースにさりげなくあるだけで、印象が変わります。
オーナーのセンスがきらりと光る、最後の一押しとなってくれるでしょう。