生活が変わるアウトドアテラス

オンリーワンのプライベート空間を創りたい。

 今回は、ガーデニングを楽しまれてこられたK様邸のガーデンリフォームをご紹介します。
 K様は、お庭が大好きで、これまでご自分で植栽はもちろん、フェンスやペイビングまでご自分で作成、こだわりを持って理想のお庭を創ってこられました。

黒系のレンガのペイビングのある中庭
とてもシックなカントリーガーデン。春にはバラが咲き誇るというお話でした。

 しかし、今回はメンテナンスや視線の問題などから、すっきりとしたテラスガーデンへのリフォームを希望されました。

白いテラスの奥にパーゴラ付きのベンチある庭
カントリーガーデンをテラスに(奥のスペース)リフォームさせていただきました。

 お庭は、南向きですが、西の既存のタイルテラスとは段差があり、エントランスから行き来するときに上がり降りが発生し、さらに狭いこともあって、これがストレスとなる要因になっていました。
 そこで、今回のリフォームで新しいエリアの高さは、上げるというご提案にさせていただきました。

白いテラスの奥にパーゴラ付きのベンチある庭をやや上から見たショット
高さを揃えることで、狭さを感じなくなります。

 庭側の高さも高くなったことで、南側掃き出しからも出やすくなります。
 こうして広々とした空間が、ノンストレスでつかえるため、これまでの生活動線とは違う、「回遊する」動線が生まれました。回遊することで、そのテラスは繋がりあいます。

左側に作り付けのベンチのあるタイルテラス
お庭側からエントランス方向を眺める。

 回遊することで、新しいテラスは「リビング+」のもう一つのお部屋となります。
 開放に抵抗のある西向きのテラスと違い、こちらの掃き出し窓は、開放することによってリビングと繋がりあい、風と光を取り込める潤いのある新たな生活シーンを楽しませてくれます。

花壇と作り付けのベンチのあるタイルテラス
気になる目線も完全シャットアウト。

 お引き渡しの後に、お伺いしましたら、新しいテラスでお勉強やバーベキューにと、これまでとは違う、お庭の活用方法で楽しんでいるとのことでした。まったくのお部屋使いですね。
 これからも四季を通じてお庭を中心とした素敵なライフスタイルをK様のセンスで楽しく創ってくださることと思います。