シンプルな意匠で構成された都会的なモダンエクステリア

計画の概要

 隣地の土地を購入されたことがきっかけで、エクステリアリフォームのご相談をいただきました。

 リフォーム前のエクステリアは、『駐車場・エントランス・アプローチのエリア』がひとつの空間の中にあり、窮屈な印象を受けました。
 また、シンプルモダンな建物には、少し違和感のある曲線や乱形の自然石・赤色のポストなどナチュラルな印象が強いエクステリアでした。

施工前 外観写真

ご要望

  • 前面道路は通学路やバス通りになっており交通量が多く、子供達には危険なので今回はクローズ外構をご要望されました。
  • 新規ご購入された土地は主に駐車場として使用したいとのご要望でした。

提案のポイント

  • 『隣地土地購入のメリットを最大限活かした、敷地の広がりを感じるエクステリアデザイン』
  • 『クローズ外構だけど窮屈でなく、ゆとり・奥行きを感じるエクステリア』
  • 『アプローチを変化のある導線計画で趣のあるものにする』

施工後 外観写真

 シンプルモダンな建物に合わせたデザインでありながら、リズム感あるエクステリアをご提案させていただきました。

  外部からの 視線を緩和する役目のある 作られる塀壁を、位置をずらしながら連続させ、門扉のデザインと統一したスリットフェンスを組み合わせることで、変化と奥行きを感じる意匠壁にしました。
 同時に土間の舗装スペースを間口と奥行き方向に大きく確保することで、エントランス空間の広がりを持たせることが可能になります。

シンプルに直線的なラインで構成しています
縦ラインを強調したアルミ鋳物フェンス・門扉

 玄関ドアまでは、クランク形状のアプローチにすることで、景観の変化を楽しめるアプローチになっています。

白壁に映える黒の割栗石

 白壁の前に配置した黒の割栗石は力強いアクセントになり、モダンな印象を与えてくれます。色合いはモノトーンで統一しています。

広々としたアプローチ空間

ありがちなエクステリアデザインにとらわれない、プロ目線のご提案

 ありがちなエクステリアデザインにとらわれず、 拡張された敷地の良さを最大限活かした、全面改修工事のご提案をさせていただきました。
 結果、当初のご希望計画より大掛かりな工事となりましたが、

  「ゆとりを感じるエントランス空間になった。」
  「人目を気にせず、バイクの整備ができるようになった。」


 と、広々としたエクステリア・駐車スペースにご満足いただけました。 

 完成後のお引渡しの際、うちのエクステリアではないみたいだと、リフォーム後の変化に驚き、喜んでいただけました。
 ご計画が進むにつれ、お客様のエクステリアリフォームに対する興味と関心が高まっていくのを感じ、またもちろん完成後、とても喜んでいただき、とても嬉しかったです。

追加されたスペースがエントランスを劇的に変える

 エントランスとカースペースを一体にデザインしたエクステリアプランです。
 旗竿地を長所に活かした素敵なエクステリア空間のある家に仕上がりました。

右手の更地を今回、ご購入されました。

ユニークな敷地を生かすテクニック

M様邸は元々、旗竿地のお敷地でした。今回、そのお隣の土地を購入するというチャンスに恵まれられ、広々としたカースペースを実現されることになりました。
 『この新しいスペースにご主人のカースペースと素敵なエントランスを新たにデザインして頂きたい!』とのご要望を頂きました。

カースペースはゆったり3台分。
“追加されたスペースがエントランスを劇的に変える” の続きを読む

時間(とき)を楽しむプライベートガーデンのある家

 長く懇意にさせて頂いているU様は、お住まいお敷地の隣を購入されました。
 そこで、ご家族のこれからや生活スタイルの幅を広げる提案がほしい!とご相談をいただきました。

ガレージから庭を望む

ご家族やご友人たちと気兼ねなくすごす居心地の良さ

 ご要望は、はっきりとしておられ、「①カースペースの拡張、②バスケットコートのデザイン、③時間を気にせず、リラックスできる空間」というものでした。

三分割された一角はバスケエリアに

エネルギッシュな真っ赤なコート

 まず、男子のお子様が3人おられることもあり、近い将来見据え、まずカースペースの拡張が必要である、という事。
 そして現在はご兄弟やご友人とのびのび、日々楽しめる空間もほしい、との事。特にお子様が現在、バスケット部に所属されておられることもあって、バスケットコートがほしい、とのご希望がありました。

メインエリアにはゴージャスなリビング

オーダー家具とキッチンカウンター

 またご夫妻のためには、オールグラスポーチとエバーアートボードを多用し、「プライベート感満載のアウトドアルーム」 をご提案致しました。

リゾートホテルのバーカウンターの雰囲気


 使用時間を気兼ねすることもない、プライベート空間にはお気に入りのインテリアで仕上げ、オーダー家具やキッチンカウンターがあります。

三面ガラスのオールグラスポーチのため居ながらにして外空間と一体になれます。
ショーウインドウを眺めるように外の緑が楽しめます。

 工事後には、インテリア雑貨などもコーディネートさせていただきました。
 長くお蔵入りだったアンティークの時計も、ここのためにご購入されたかのように組み込まれています。

流れるように繋がるエクステリアゾーン

右奥が今回延長してつくられたガレージ部分

今回の工事は夏場施工でした。また敷地が変形且つ高低差のある職人さん泣かせの現場で本当にたくさんの仲間に助けられた現場でした。しかしお施主様のお喜びは予想以上。やりがいある物件でした。