シンプルな意匠で構成された都会的なモダンエクステリア

計画の概要

 隣地の土地を購入されたことがきっかけで、エクステリアリフォームのご相談をいただきました。

 リフォーム前のエクステリアは、『駐車場・エントランス・アプローチのエリア』がひとつの空間の中にあり、窮屈な印象を受けました。
 また、シンプルモダンな建物には、少し違和感のある曲線や乱形の自然石・赤色のポストなどナチュラルな印象が強いエクステリアでした。

施工前 外観写真

ご要望

  • 前面道路は通学路やバス通りになっており交通量が多く、子供達には危険なので今回はクローズ外構をご要望されました。
  • 新規ご購入された土地は主に駐車場として使用したいとのご要望でした。

提案のポイント

  • 『隣地土地購入のメリットを最大限活かした、敷地の広がりを感じるエクステリアデザイン』
  • 『クローズ外構だけど窮屈でなく、ゆとり・奥行きを感じるエクステリア』
  • 『アプローチを変化のある導線計画で趣のあるものにする』

施工後 外観写真

 シンプルモダンな建物に合わせたデザインでありながら、リズム感あるエクステリアをご提案させていただきました。

  外部からの 視線を緩和する役目のある 作られる塀壁を、位置をずらしながら連続させ、門扉のデザインと統一したスリットフェンスを組み合わせることで、変化と奥行きを感じる意匠壁にしました。
 同時に土間の舗装スペースを間口と奥行き方向に大きく確保することで、エントランス空間の広がりを持たせることが可能になります。

シンプルに直線的なラインで構成しています
縦ラインを強調したアルミ鋳物フェンス・門扉

 玄関ドアまでは、クランク形状のアプローチにすることで、景観の変化を楽しめるアプローチになっています。

白壁に映える黒の割栗石

 白壁の前に配置した黒の割栗石は力強いアクセントになり、モダンな印象を与えてくれます。色合いはモノトーンで統一しています。

広々としたアプローチ空間

ありがちなエクステリアデザインにとらわれない、プロ目線のご提案

 ありがちなエクステリアデザインにとらわれず、 拡張された敷地の良さを最大限活かした、全面改修工事のご提案をさせていただきました。
 結果、当初のご希望計画より大掛かりな工事となりましたが、

  「ゆとりを感じるエントランス空間になった。」
  「人目を気にせず、バイクの整備ができるようになった。」


 と、広々としたエクステリア・駐車スペースにご満足いただけました。 

 完成後のお引渡しの際、うちのエクステリアではないみたいだと、リフォーム後の変化に驚き、喜んでいただけました。
 ご計画が進むにつれ、お客様のエクステリアリフォームに対する興味と関心が高まっていくのを感じ、またもちろん完成後、とても喜んでいただき、とても嬉しかったです。

追加されたスペースがエントランスを劇的に変える

 エントランスとカースペースを一体にデザインしたエクステリアプランです。
 旗竿地を長所に活かした素敵なエクステリア空間のある家に仕上がりました。

右手の更地を今回、ご購入されました。

ユニークな敷地を生かすテクニック

M様邸は元々、旗竿地のお敷地でした。今回、そのお隣の土地を購入するというチャンスに恵まれられ、広々としたカースペースを実現されることになりました。
 『この新しいスペースにご主人のカースペースと素敵なエントランスを新たにデザインして頂きたい!』とのご要望を頂きました。

カースペースはゆったり3台分。
“追加されたスペースがエントランスを劇的に変える” の続きを読む

杉板RCの大壁の存在感が創るスタイリッシュな外構

右手にRC壁茶色のゲートがある外構

コンセプト

 積水ハウス様にてご新築されたR様お敷地は、旗竿地 (道路に接する出入口部分が細い通路状になっている形状の敷地)のため、全面道路からは長いエントランスがあり、その奥に建物があるレイアウトとなっています。
 そこで、外構デザインは、この個性的な土地形状を最大限に生かした、『隣地境界を素敵にデザインされた空間』にしてほしいとのご希望でした。
 またお庭のほうは、『お子様が自由に遊べ且つ室内と連動する素敵なアウトドアリビング』を作りたいと考えていらっしゃいました。

住宅造成地
建物が立つ前の造成地
旗竿地になっている敷地
ブルーの看板の奥に建物があります。

フレームの美しさが際立つアプローチ

 そこで、まず外構空間では、杉板RCの壁を隣地境界壁に採用。さらにその壁にアルミのフレームをアーチ状にデザインし、エントランス入口にボリューム感をもたせました。

完成した外構
完成した外構

 お客様はクローズ外構をご希望されていたことから、入口より少し入った所に三枚扉の重厚感のあるオーダー門扉をご提案しました。
 しかし一般のロートアイアンでは重量が重く、後のちのメンテナンスも大変です。そこで鉄のように見えて、軽量に製作できるロートアルミを採用しました。
 重厚感も残しつつ、何より開け閉めもしやすいものが扱いやすいと考え、設計しました。もちろんR様のためのオリジナルデザインです。

ロートアルミの三枚扉
建物に似合うスタイリッシュなオリジナル門扉

 また、奥行き感を意識した床のデザインもちょっとしたこだわり。お玄関前のみどりも表からの視線緩和の役割を持たせつつ、室内から眺めた時に、四季を感じるような素敵な演出に致しました。

家の前の花壇と白い境界壁
ロートアルミの三枚扉の奥にある玄関に通じるスペース
“杉板RCの大壁の存在感が創るスタイリッシュな外構” の続きを読む